家出少女を正しく保護する方法

家出少女を正しく保護する方法

家出少女を正しく保護する方法

SNSや路上、お店などで宿のない家出少女を見つけてしまった時、大人としてどのように対応するのが正しいのか悩んでしまう人は少なくありません。

特に男性が未成年の少女を保護する場合、誘拐とみなされ罪に問われる可能性も十分あります。そのため、家出少女を保護する際には、かなり慎重な対応が必要だと言えるでしょう。

そこでこの記事では、大人として家出少女を正しく保護する方法について解説していきます。保護が誘拐となってしまうケース、少女を保護したときに連絡をすべき場所、警察の動きなどを紹介するので、少女の心と体を適切に守るためぜひ参考にしてください。

家出少女は保護すべき

家出少女は保護すべき

家出をした少女については、見つけ次第保護をすべきです。後に詳しく解説しますが、家出少女を放置してしまうと反社会勢力に目を付けられてしまったり、犯罪に巻き込まれたりするケースも多いです。

「未成年の少女に声をかけただけで犯罪扱いになってしまうのでは」と考えている男性は少なくありませんが、すぐ家族や警察などに連絡をすれば犯罪となる可能性は非常に低いです。

誤解されるのが不安なら、周囲の大人の女性に協力を求めるなどして対処をしましょう。

未成年の家出少女の保護に関しては、NPO法人や警察も積極的に動いてくれます。相手の女性が未成年であれば、必要な場所に連絡をして保護をしましょう。

成人女性の保護

家出をした成人女性については、少女の場合と比べ守ってくれる組織が非常に少なくなります。そのため、成人であっても放置はせず保護をすることが大切です。

成人女性の場合、まずは家出に至った事情を聞いてから今後の対応を決めることが大切です。家庭内暴力を受けているようであればシェルターを、家族と不仲で一時的に家でしている場合は落ち着くまでファミリーレストラン、カフェで話す、など臨機応変に対応してください。

また、成人女性であれば保護をきっかけに交友関係を持てることも少なくありません。成人しているからといって突然わいせつな誘いをするのはNGですが、悩みを聞く中で友人として交友を深め、親密になっていくことはできるでしょう。

家出少女の保護と誘拐の違い

家出少女の保護と誘拐の違い

家族や警察に連絡をせず、家出少女を自宅に宿泊させると誘拐とみなされてしまう可能性が高いです。過去、家出少女の保護が誘拐とされ、逮捕された案件は複数あります。

また、SNSではわいせつな行為を目的として家庭や学校に不満を持つ少女に声をかける大人が後を立ちません。社会情勢の不安定さから家出少女が増えている今、警察の目も厳しくなっていると言えるでしょう。

しかし、大人の男性として適切な場所に連絡を取り、二人きりの場所で話す、家に長時間滞在させる、など怪しまれる行為をしなければ犯罪に問われる可能性は非常に低いです。

そこでここからは、未成年の保護と法律について解説していきます。誘拐とみなされたケース、保護とみなされたケースもそれぞれ紹介するので、ぜひ読んでみてください。

未成年の保護は誘拐とみなされる

未成年を保護しても、警察に届けるなどの適切な処置をしない場合は誘拐とみなされ、未成年者誘拐罪に問われる可能性が高いです。また、家からの出入りを禁じたり、家族や恋人との連絡を禁じた場合は監禁罪となるケースもあります。

他に、未成年者にわいせつな行為をした場合は強制わいせつ罪、強制性交等罪に問われることもあるでしょう。

未成年の少女を監禁したり、わいせつな行為をしたりする大人は少なくないので、家出少女の保護が目的であっても「犯罪が目的なのではないか」と警察や家族に疑われる可能性は非常に高いです。

もし、未成年者の誘拐として罪に問われれば社会的な立場にも影響が出てしまいます。

そのため、家出少女と2人きりになる、自宅に泊めるなど怪しまれる行為があれば罪に問われると考え、自分の行動には十分気を付ける必要があります。

誘拐とされた案件と保護とされた案件実例

保護が目的であっても、誘拐や監禁とみなされ、罪に問われる可能性は十分あります。

そのため、誘拐と保護の境界線について「良く分からない」「何をしても犯罪扱いになるのでは」と疑問を持っている男性は少なくありません。しかし、家出少女の保護が適切だったとされ、感謝状を受け取った男性もいるので大切なのはどう行動するかだと言えるでしょう。

ここからは、誘拐とみなされた案件と家出少女の適切な保護だったとされた案件をそれぞれ解説していきます。実際のケースを元に、どのように行動すれば良いか考えてみましょう。

・埼玉の高校生を社会人男性が宿泊させた事件

2017年7月、越谷署は未成年者誘拐の疑いで飲食店従業員の男を逮捕しました。この男は、家出願望のある県内に住む女子高校生に「うちに来ても良いよ」などと声をかけ、約1ヶ月間家に住まわせたとみられています。

少女には家族から捜索願が出されており、男はこの少女に関して、「女性がタイプだった。誘惑して、住まわせたことは間違いない」と供述していました。

以上が事件の概要でした。この事件が明らかになったとき、「家に住まわせたというだけで逮捕になるなんておかしい」と考える男性もネット上に多く見られました。しかし、少女の保護が目的であれば、家出少女を発見した時点で警察や他の大人にも連絡を入れるはずです。

特にこのケースでは少女に捜索願が出されているので、警察に連絡さえすれば自宅に住まわせる理由はなかったと言えます。

また、どこにも連絡をせず約1ヶ月も自宅に少女を住まわせた点から、少女の抱える悩みやトラブルを解決しようという意図は見えないため、自分の都合で少女を家に住まわせたと考えられてもおかしくありません。

さらに、誘拐した少女に関して「女性がタイプだった」と語っていることから、わいせつな目的があったとみなされるのは自然なことだと言えます。

そもそも警察や専門のNPO法人に連絡せず、少女を勝手に保護することは誘拐です。少女が連絡を拒否した場合でも、事情を聞いて必要な場所に連絡をして、周りの大人と連携するのが正しい行動でしょう。

・兵庫の中学生を大学生が保護した案件

宝塚署は7月、家庭内暴力を受けていた中学1年生の少女を適切に保護したとして、市内に住む大学2年生の男性に感謝状を贈りました。

男性は同年6月、駅前で雨宿りする女子中学生に気づき、傘を手渡しました。男子大学生はその場を去ろうとしましたが、女子生徒から「家に帰れない。父親に殴られている」と言われ、自宅で話を聞くことに。

男子大学生は少女が警察への連絡を嫌がったため一時的に自宅に呼びましたが、2人きりにならないよう大学の後輩の女性を呼んでから、少女の話を聞いています。

そして少女が家庭内で暴力を受けていることを知り、県警なんでも相談電話(#9110)に通報。現在少女は児童相談所に保護され、暴力を振るう父親とは離れて暮らしています。

このケースは家出少女を見つけたときのベストな対応だとして、男子大学生に数多くの称賛の声が上がりました。このケースで男子大学生の取った行動の良いところは、以下の通りです。

  • 後輩の女性を呼んで2人で話を聞いた
  • 少女を家に滞在させる時間が短時間(2時間ほど)だった
  • 警察に連絡をしている

後輩の女性を呼んで一緒に話を聞くことで、わいせつな意図があったと疑われる可能性はかなり減ります。また、このケースでは家に滞在させる時間も短かったことから、誘拐ではなく保護が目的だったと考えられるでしょう。

観的に見て怪しまれる行為をしなければ、少女の保護には大きな社会的意義があります。少女を保護する際には、周りの人からどう思われるかを意識して行動をすることが大切です。

適切な対応をしなければ逮捕される

少女を保護する目的であっても、他の大人に連絡をせず勝手に家に泊めたり、ホテルに宿泊したりすれば誘拐とみなされ逮捕されます。

逮捕のリスクを恐れ「人助けもできない」「困っている人に声をかけることもできない」という男性は多いですが、純粋な保護が目的なら家出少女を見つけ次第警察に連絡をするはずです。

現在、コロナ禍で社会情勢が不安定になった影響で家庭トラブルを抱え、家出をする少女の数は増えています。警察もこうした状況下で少女の保護には特に力を入れているので、家出少女に出会ったらまず警察の『警察専門相談電話』#9110に電話をしましょう。

『警察専門相談電話』#9110に電話をかければ各都道府県の警察相談室につながり、今後の対応に関する指示をもらえます。

勝手に「今日は夜遅いから家に泊めてあげるのがベスト」「少女が家族への連絡を嫌がっているから誰にも連絡しないでおこう」と判断せず、警察に相談をしてみてください。

もし、少女が警察への連絡を嫌がりどうしても電話をかけられない場合、家出少女を保護しているNPO法人に連絡するのもおすすめです。

後になって警察に「わいせつな意図があったのではないか」「少女を犯罪に利用するのが目的だったんじゃないか」と思われないようにするため、怪しまれる行動は避けましょう。

家出少女を保護するNPO法人

家出少女を保護するNPO法人

家出少女が警察や家族への連絡を嫌がった場合、検討してほしいのが少女を保護するNPO法人への連絡です。適切なNPO法人にすぐ連絡をすれば、誘拐と疑われる可能性も減ります。

NPO法人「仮り暮らし」では、虐待を受けている子も受けていない子も保護し、無償で住居を提供しています。少女に事情を聞きにくい場合、家庭内暴力がない場合はひとまず連絡をしてみると良いでしょう。

また、少女が虐待を受けている場合、子どもシェルターも利用できます。NPO法人「仮り暮らし」では、全国の子どもシェルターを紹介しているので、最寄りの施設に連絡をしましょう。

各都道府県にあるわけではない

NPO法人「仮り暮らし」では、家庭内暴力を受けている少女だけでなく、親と喧嘩してしまった少女、親に不満を持っている少女など、様々な事情を持つ少女を幅広く一時的に保護しています。

空き部屋があれば即日入居可能で、費用もかからないのでこうしたNPO法人の施設であれば少女も安心して暮らせるでしょう。

しかし、「仮り暮らし」のような保護施設がある都道府県は主要な都市圏に限られている状況です。そのため、少女を見つけた場所によってはこうした施設に連絡をするのは難しいと言えます。

また、NPO法人ごとに対応可能な時間が限られているので、夜間や早朝に少女を発見した場合は対応してもらえない可能性もあります。

もし、近隣に少女を保護できるNPO法人がない場合、警察への連絡が必要である旨をしっかりと説明して連絡を入れましょう。NPO法人に相談できないからといって、自宅に少女を泊めるのはNGです。

必ずしもすべての家出少女を受け入れるわけではない

NPO法人の対応時間内であっても、全ての家出少女が保護される訳ではありません。施設に空き部屋がない時、スタッフが足りない時などは断られる可能性もあります。

また、他の入居者やスタッフに暴言を履く、暴力を振るう、夜中に何度も出歩くなど素行が良くない少女については、一度入居できても退去となるかもしれません。

もともと、こうした保護施設ではより多くの少女を救うため、入居に期限を設定している場合が多いです。しかし、素行不良であれば予定より早く退去となる可能性もあるでしょう。

もちろん、退去となる場合はNPO法人側がしっかり次の住居を見つけてくれるので家出少女を発見した側が心配する必要はありません。少女を最初に保護した大人としては、過剰に少女と関わらず専門の機関に対応を任せるべきでしょう。

無理矢理に取り戻そうと訴え出る保護者もいる

一旦NPO法人や児童相談所に保護されても、子供を無理矢理連れ戻そうとする保護者もいます。

2019年、千葉県野田市で起きた児童虐待死事件では「父親から暴力を受けている」という子供の訴えにより一時児童相談所が子供の保護をしました。しかし、父親が子供を返せと激しく要求したため児童相談所は子供を家に返してしまい、虐待死が起こってしまったのです。

日常的に虐待をする親の中には、子供に執着し、保護された後もなんとか自分の家に連れ戻そうと考える人もいます。虐待を受けた少女を見つけ、児童相談所やNPO法人に保護を求めるときには、少女をすぐ家族に引き渡さないようお願いすることが大切です。

NPO法人での保護は未成年のみが対象

NPO法人での保護は、基本的に未成年のみが対象となります。施設によっては保護する子供の性別が限定されていることもあるので、入所ができないケースもあるでしょう。

また、NPO法人によっては15歳~19歳、14歳~20歳など、細かく年齢制限を設けているところもあります。もし近隣のNPO法人に相談できない場合は、警察や児童相談所に連絡をしてください。

児童相談所であれば各都道府県にあり、18歳未満の子供を幅広く保護しているので、場所を問わず相談しやすいでしょう。

もし、成人女性を保護した場合はまず警察に相談し、対応を話し合う必要があります。18歳以上になると、児童相談所は原則利用できなくなります。サポートをしてくれるNPO法人も少ないので、まずは女性の事情や今後の生活についての希望を聞くことが大切です。

反社会的組織が家出少女を利用する

反社会的組織が家出少女を利用する

家出少女の保護を謳っている施設の中には、反社会的組織と関わっているところもあります。政府から認可を受けたNPO法人、児童相談所などであればそのような危険はありませんが、少女を預ける際は信頼できるところなのか事前に確認することが大切です。

もし、反社会的組織に関わってしまうと、少女の命に危険が及ぶ可能性は高いでしょう。例えば、狭い部屋に押し込んで風俗嬢や美人局をさせ、まともに食事を与えない、病気になったり妊娠をしたりしても放置される、などひどい扱いを受けることもあります。

また、家出少女がひどい環境で生活していることが周囲の大人や家族にバレないよう、SNSの利用や親族、彼氏等への連絡禁止など厳しいルールで少女を孤立化させることもあります。

そして、風俗需要の少ない中年女性でも家出少女を管理する立場として利用されることも少なくありません。生活に困った女性に声をかけ、犯罪に利用する組織は至るところに存在しているのです。

こうした危険から家出少女を遠ざけるためには、少女が反社会的組織に出会ってしまう前に警察や信頼できるNPO法人、児童相談所などに連絡をすることが大切です。

成人女性の場合も、家のない状態で外を出歩かせるのは非常に危険です。反社会的組織と関わってしまう危険について話し、なるべく家に帰るかホテルなど安全な場所に宿泊するよう説得しましょう。

家出少女に対する警察の動き

家出少女に対する警察の動き

家出少女について相談する前に、警察がどう動いているのか気になる人は多いでしょう。そこでここからは、警察の体勢や家出人に対する対応を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

反社会的組織の暗躍などで厳しい警戒体勢

警察では、家出少女を犯罪に巻き込む反社会勢力への警戒を強化し、家出を事前に防ぐ活動をしています。

現在、警察ではツイッターなどのオープンなSNSでサイバーパトロールをしたり、危険な状況にある少女に直接声をかけるなどして家出少女を減らす取組みが行われています。

また、民間のボランティアと協力して未成年略取を防ぐ活動も行っています。特に現在はコロナ禍で家庭内トラブルを抱える少女が増えているため、家出をした未成年がいると話せばすぐに対応してくれるでしょう。

家出人捜索は事後対応

警察は児童相談所や民間のボランティアと連携して少女の保護を行ってくれますが、家出人の捜索は事後対応が基本です。

そのため、少女の家族や親族から捜索願が出され、事件性があると判断されなければ警察の方から動く可能性は低いでしょう。また、創作される側の女性から「不受理届」を提出した場合、創作されたくない事情があるのだと判断され、警察は積極的な捜索をしなくなります。

そのため、女性を保護した後警察が捜索してくれるのを待つのは辞めたほうが良いでしょう。

しかし、家出少女を保護した場合、捜索願が出されていなくても保護をお願いすることはできます。少女が反社会勢力と関わってしまう前に、こちらから警察に連絡するよう心がけましょう。

家族などが興信所や探偵に頼んで探してもらうことは少ない

家族などが興信所や探偵に頼んで探してもらうことは少ない

家出少女の捜索に関して、「少女の家族が興信所や探偵に依頼しているのではないか」と考える人は少なくないでしょう。

実際に探偵や興信所では行方不明人の捜索を請け負っているので、少女の住所や名前が不明な場合、探偵や興信所の捜索を待つということもできそうです。

しかし、料金が高額になりやすいため、家族などが興信所や探偵を利用することは少ないです。また、家出をしている少女の家族は家出の事実を隠すため、警察にも探偵にも相談しない可能性があります。

また、家族が探偵や興信所を利用したとしても、少女を見つけるまでにかなりの時間がかかります。そのため、自宅やホテルに少女を住まわせ、捜索を待つのは避けましょう。

もし、少女の名前や住所、事情を聞けない場合でも、まずは警察に相談をしてください。警察に捜索願が出されていれば、少女をスムーズに保護することができます。また、捜索願が出されていない場合でも、警察に適切な対応を聞くことで誘拐と疑われにくくなるでしょう。

少女を発見してから公的な機関への連絡が遅くなるほど誘拐とみなされる可能性は上がるので、探偵や興信所の捜索は待たず自分から連絡をしてください。

家出少女を泊める際の注意点

家出少女を泊める際の注意点

家出少女を家やホテルに泊める際には、誘拐だと思われないよう細心の注意を払う必要があります。安全に女性を保護するため、家出少女と出会ったときの対処法と注意点をまとめたので、大人の男性として適切な対応をしましょう。

年齢確認は必ずする

まず、家出をしている女性に出会ったら年齢を確認してください。未成年者と成人女性では、保護をしてもらえる場所や対処法が異なります。

今の年齢や、可能であれば家族構成や住所などを聞いて今後の対応を考えましょう。

ただし未成年の場合、家族からの捜索を避けるため未成年であっても成人している、と答える可能性もあります。たとえ成人だと言われた場合でも、見た目がまだ若い、と感じる場合は未成年の少女に対する対応を行いましょう。

また、年齢を回答してくれない女性については未成年者として慎重に扱い、決してそのまま放置しないようにしましょう。

未成年の場合は正しい保護の方法を行う

保護した女性が未成年の場合、基本的には家出に至った事情を聞いて警察に届け出る必要があります。

少女を勝手に家に泊めたり、ホテルに連れ込むと誘拐とみなされる可能性がかなり上がります。かといって少女を放置すると反社会的組織に狙われる可能性もあるので、警察への相談がベストです。

もし、少女が警察への連絡を拒否した場合でも、警察に連絡をすれば保護してもらえる旨、児童相談所やNPO法人など、他にも保護をしてくれる施設がある旨をしっかり説明して納得してもらいましょう。

もし、少女の気持ちが落ち着かない場合は子どもの悩みを聞く「チャイルドライン」、10代、20代女性への支援を行う「bondプロジェクト」に電話をかけてもらい、今後の対応について聞いてみましょう。

成人女性の場合は応相談

保護したのが成人女性の場合、頼れる機関はぐっと少なくなってしまいます。しかし、各都道府県にある「婦人相談所」では、生活に苦しむ女性の相談・一時保護を行ってくれます。

また、配偶者からの暴力に苦しむ女性であれば、「配偶者暴力相談支援センター」が専門的に対応してくれます。

相談センターは各都道府県に設置されているので、まずは女性の事情を聞いて適切な相談窓口に連絡をしましょう。

もし、成人女性が警察や相談センターへの連絡を拒否した場合でも、自宅に泊めたり、ホテルなどに行けばわいせつな行為をしたのではないかと疑われる可能性はあります。

友人や会社の同僚、周りにいた他の大人にも協力してもらい、2人きりにならない場所で話を聞くよう心がけましょう。

成人女性の悩みを聞き、適切に保護ができればその後関係を深めるチャンスもあります。無理に迫るのはNGですが、気になる女性であれば友人として少しずつ距離を縮めていくのも良いでしょう。

家出少女保護まとめ

家出少女保護まとめ

家出少女の保護は犯罪とみなされる可能性があるので、慎重な行動をしなければ危険です。しかし、家出少女を放置すると命にも関わるので、警察や家族、NPO法人にすぐ連絡をして保護をしましょう。

もし少女の方から「家に泊めて欲しい」「家に泊めてもらう代わりに何でもして良い」と言われても、応じるのは適切な大人の対応ではありません。

たとえ少女の同意があっても、家に少女を泊めたり、2人でホテルに宿泊するなどの行為はわいせつな目的だったとして怪しまれる可能性が高いです。ですがすぐ警察に連絡をして、適切な対処の仕方を聞けば犯罪となることはありません。

家出をしている少女には、何か事情があると考えられます。少女の気持ちも尊重した上で事情を聞き、保護をしてくれる機関に連絡をしましょう。

神待ち少女が最も利用しているおすすめの掲示板ランキング

2021年08月02日 更新

神待ち掲示板ランキング1位
ミントC・Jメール
ミントC・Jメール
評価★★★★★★★★
無料特典初回1000円分無料

神待ち利用者数は国内トップクラス!年齢制限もしっかりしているので安心して楽しむ事ができます。初めて神待ちをされる方にお薦めのサイトになっています。

神待ち掲示板ランキング4位
ワクワクメール
         
評価★★★★★★☆☆
無料特典 初回1000円分無料

ワクワクメールは神待ち専用ではありませんが、神待ちは沢山います。神待ち以外にもセフレ目的や人妻の暇つぶし等のエッチ目的な女の子も沢山います。

神待ち掲示板ランキング2位
PCMAX
         
評価★★★★★★★☆
無料特典 初回1000円分無料

利用者数国内トップクラスの出会い系サイト!神待ち利用者も多く簡単に全国の神待ちを見つける事が出来ます。信頼度も激高ですので初めての方にもお薦めです。

神待ち掲示板ランキング4位
ラブ
         
評価★★★★★☆☆☆
無料特典 初回2000円分無料

神待ち少女や家出少女、パパ活女子から割り切り希望専用のサイトだから会えないわけがない!全国随一の募集と即アポ率をお試し下さい。

家出少女を正しく保護する方法への口コミ

口コミを投稿



他の記事へ