【2021年最新】神待ちはパパ活に変わってきた

【2021年最新】神待ちはパパ活に変わってきた

セックスしたいなら成人女性の神待ちを狙え!

様々な事情で家出をした女性に食事をおごってあげたり、宿を提供してあげたりする「神待ち」。お金をかけず女性と出会うことができるので、神待ち掲示板や出会い系サイトを中心に神待ちをしている女性を探している、という人は多いでしょう。

しかし現在、多くの女性は「神待ち」ではなく「パパ活」という言葉で男性との出会いを求めています。そのため、神待ち女性を探すだけでは出会いの機会がどんどん減っていくかもしれません。

この記事では、神待ちとパパ活の最新事情、今の時代に困っている女性に出会う方法を解説していきます。神待ち・パパ活女性探しの場所や注意点も紹介していくので、コストを抑えて女性と出会いたい人はぜひ参考にしてください。

神待ちという言葉は死語になった

家出女性や、金銭的援助を求める女性を探すため「神待ち」という言葉で掲示板やSNSの検索をしているという男性は少なくないでしょう。確かに神待ちには「生活に困っている女性が宿や食事を提供してくれる男性を探す」というニュアンスがあり、神待ち掲示板などを見ればニーズに合った女性に出会いやすいです。

しかし、現在の若い世代で神待ちという言葉を使っている女性はかなり少ないといえます。神待ちという言葉が掲示板などで発生した頃が2000年代、その後神待ちという言葉がニュースなどで流行し、女性の神待ち問題に関する本が出たのが2010年頃。令和の現在から考えると神待ちが流行ったのは10~20年ほど前であり、現在ではすっかり死語になっている状況です。

神待ち掲示板は今も存在しますが、神待ちという言葉を知っている世代の男女が主に使う場所になってきており、女性の年齢層は比較的高めだと考えられます。また、年齢層が高めの女性の中にも、神待ちからパパ活に移行する人が増えているため、今後神待ちではなかなか女性と出会えない可能性が高いでしょう。

昔、神待ち掲示板と呼ばれた出会い系サイトは現在パパ活掲示板と呼ばれているので、多くの女性と出会うにはパパ活の場についても理解しておくことが大切です。

パパ活とは神待ちの変化した言葉

セックスしたいなら成人女性の神待ちを狙え!

そもそもパパ活とは、経済的余裕のある男性と過ごすことで金銭的な援助を求める活動のことを指します。神待ちとパパ活の中に大きな違いはありませんが、パパ活のほうが現代ではイメージの良い言葉だと言えるでしょう。

かつての神待ちは、助けてくれる男性を可愛そうな女性が待つ、という受け身なイージの言葉でした。しかし、一緒に食事をしたりすることで手当をもらう「パパ活」には対等な契約というイメージがあり、社会で活躍する現代の女性にとっては受け入れやすいものになっているのです。

こうしたパパ活は幅広い世代ですでに広がっており、抵抗なく友達にパパ活のことを話す女性も少なくありません。

今は神待ちという言葉が通じないことも

男性からの経済的な援助を求める若い世代では現在パパ活という言葉が主流になっており、神待ちが通じないことも少なくありません。また、30代以降の世代でも、最近パパ活を始めたという女性の中には神待ちという言葉があったこと自体知らない可能性もあります。

そのため、特に若い世代と話すときは神待ちではなく、パパ活という言葉を使ってコミュニケーションをすることが大切です。また、パパ活には対等な関係というイメージがあるので、女性を見下したり、一方的な援助をしたりことは避けましょう

神待ちもパパ活も本質は同じもの

神待ちにもパパ活にも女性が男性に援助してもらうという構造があります。そのため、パパ活も神待ちも本質的には同じであり、似たような経済的な活動の一種であることに変わりはないでしょう。また、神待ちもパパ活も、肉体関係に発展する可能性のある言葉として認識されていることが多いです。

しかし、神待ちとパパ活には、ニュアンスの違いがあると言えます。ここからは神待ちとパパ活の細かな違いについて解説していくので、しっかりと使い分けをしたい人や今どきの女性事情について知りたい人はぜひチェックしてください。

変わったのは女性の生き方

10年前と比べ、自立した生活を目指す、積極的な女性はどんどん増えてきています。以前の女性は社会的な立場の低さから、男性に頼ってお金を恵んでもらおうと考えるケースが多くありました。

しかし現在は男性並みに稼げる女性も増えており、ビジネスの考え方が浸透してきていると言えます。そのため、同じ「男性からお金をもらう」という行為でも、ただ余裕のある男性からお金を無心する「神待ち」ではなく、食事などで素敵な時間を提供する代わりにサービスの代金をもらう「パパ活」が広まっているのです。

現代の女性はまだ男性より立場的に弱い部分もありますが、以前よりも自分の価値をしっかりと理解しています。そのため、男女平等の意識を持っていない男性や、自分の価値を低く見積もってくる男性に対しては神待ち時代より厳しく接する女性も多いでしょう。

世間からのイメージも変わっている

セックスしたいなら成人女性の神待ちを狙え!

パパ活という言葉は、神待ちに比べ世間的なイメージも良くなっています。神待ちには、家庭環境に恵まれなかった女性だけが、お金にこまってやるものだという印象があります。一方パパ活には、一見経済的に困っていない女性や、家庭環境も悪くなかった女性が参入しており、可愛そうなイメージが薄くなってきているのです。

また、若い女性の間ではパパ活がかなり一般的になっており「友達がパパ活をしている」「パパ活のサイトに登録だけしたことがある」といった女性が増えています。幅広い女性が気軽にパパ活をするようになったことで、男性からお金をもらうことに対する世間の印象はかなり変わってきていると言えるでしょう。

しかし「パパ活」をネガティブなイメージで使う人も少なくありません。ブランドバッグを持っていたり、高級レストランで食事をしていたりする女性に対して「パパ活してるんでしょ」というと怒らせてしまう可能性が高いので日常的にパパ活という言葉を使うのは避けるべきでしょう。

神待ち・パパ活の場所

神待ち・パパ活ではどちらも出会い系サイトとSNSが主に使われていて、未成年と成人女性で住み分ける形になっています。SNSは年齢を問わず誰でも使えるため、未成年が神待ち・パパ活をしやすい状況となっており、出会いのリスクは高いでしょう。

一方、出会い系は20歳以上の証明が必要になってくるので成人女性が神待ち・パパ活をしている場合が多く、安全に出会うことができると言えます。

神待ちもパパ活も、行われている場所としてはほとんど同じです。しかし、神待ちには神待ち専用の掲示板があったり、パパ活にはパパ活専用のアプリがあったりなど、出会える場が違うこともあります。

出会いの可能性を広げるには、出会い系サイトやアプリ、掲示板やSNSなど様々なコミュニティで情報収集し、自分に合った場所を探すことが大切です。

パパ活女性と安全に出会える場所

パパ活をしている女性と安全に出会うには、未成年がパパ活するSNSより出会い系のパパ活を利用するのがオススメです。SNSでも成人女性がパパ活をしているケースが多くありますが、現在はパパ活女性がパパを募集するためのサイト・アプリが多数開発されています。

そのため、TwitterなどのSNSはパパ活女性が出会った男性の愚痴を言ったり、女性同士で良いサイトやアプリの情報交換をしたりする場になっていることが多いです。また、SNSは利用が無料であるためパパ活女子を装った業者が参入しやすく、連絡を取ることで怪しいサイトや投資話に誘導されるケースも考えられます

パパ活女性と安全に、効率よく出会うためにはパパ活向けの出会い系サイトを利用して自分の希望に合う女性を探すのが良いでしょう。

神待ち・パパ活女性を探す際の注意点

神待ち・パパ活をしている女性は増えており、世間的なイメージも良くなってきています。しかし、場合によっては法的にグレーゾーンともなる神待ち・パパ活には、注意点もあるといえるでしょう。

神待ち・パパ活女性を探す上で意識しておきたい注意点は、以下の通りです。

  • 神待ちは業者が狙うワードになっている
  • パパ活ではある程度のお金が必要となる
  • パパ活と援助交際との間に大きな違いはない
  • 未成年との出会いが誘拐となる可能性がある

ここからは、それぞれのポイントについて詳しく見ていきます。神待ちにはない、パパ活ならではの注意点もあるので、これからも安全に女性と出会いたいという人は一度チェックしてみてください

神待ちは業者が狙うワードになっている

セックスしたいなら成人女性の神待ちを狙え!

現在も神待ちという言葉で男性を募集している女性はいますが、パパ活と比べ業者に当たる可能性が高いです。

神待ちは古い言葉なので検索する年齢層も高く、現在ではある程度お金を持っている男性だけが知る言葉になってきています。そのため、業者としては神待ちで検索する男性がかなり狙い目になっていると言えるでしょう。

神待ち掲示板の中でも、出会い系サイトではない完全無料のものは特に多くの業者が書き込む場所になっています。一見素人女性が投稿しているものであっても、業者からお金をもらった女性がアルバイトとしてメッセージを送っていたり、業者が女性になりすまして書いている可能性は高いでしょう。

同様に、無料で利用できるTwitterなどのSNSでも、神待ちは業者が良く利用するおいしいワード・ハッシュタグになっています。金銭的な援助を求める女性とスムーズに出会える可能性を高めるには、まず「パパ活」というワードで検索をしたほうが良いでしょう。

パパ活ではある程度のお金が必要となる

パパ活はもともと、経済的に困っている女性やお小遣いがほしい女性に対し、経済的に豊かな男性が善意で援助をするというものでした。そのためパパ活で女性に支払われるお金は高めに設定されており、女性によっては食事だけで5万円近い金額が必要になることもあります。

これまでの神待ちでは、本当に生活に困っている女性しか利用してこなかったため食事代・宿代だけもらえれば良いという女性も少なくありませんでした。しかしパパ活は相場が高いため、ある程度お金に余裕がなければ女性と出会える可能性がかなり低くなってしまうと言えるでしょう。

なるべく費用を抑えてパパ活女性と出会いたい場合、見た目や年齢の条件を下げていくしかありません。

パパ活と援助交際との間に大きな違いはない

パパ活を通じて出会った男性と深い関係になり、セックスをする代わりにお金をもらっている、という女性は少なくありません。しかし、これは援助交際であり相手が成人女性であっても場合によっては法的に取り締まりの対象となってしまいます。

本来パパ活とは、女性が肉体関係を持たずに金銭的な援助をもらうという意味でした。しかし、現在はパパ活業界に参入する女性が多すぎてなかなか良い男性を獲得できないことから、性行為をほのめかせる女性もいます。

女性と肉体関係を持ってしまうと、援助交際だと指摘されても反論が難しくなります。パパ活を通して出会った女性と関係を深める際は、慎重に判断する必要があるでしょう。

未成年との出会いが誘拐となる可能性がある

神待ちでもパパ活でも未成年の女性が出会いを求めていることがありますが、未成年との関わりはなるべく避けてください。例えば家出をした未成年の女性と出会い、家に泊めたりした場合、保護者や警察に連絡をしなかったことで誘拐とみなされる可能性があります。

また、家に泊めるなどの行為がない場合でも「お金を支払うことで未成年を誘い、支配下においた」として罪に問われるケースも十分考えられます。未成年だと分かった場合はすぐにやり取りをやめるのはもちろん、相手の年齢をしっかり聞くことも忘れないでください。

まとめ

セックスしたいなら成人女性の神待ちを狙え!

かつて「神待ち」という言葉で男性との出会いを探していた女性は、どんどんパパ活掲示板に移行してきています。パパ活と神待ちの本質は同じですが、パパ活のほうが女性とより対等な関係で接することができるので、うまく交渉すれば関係を深められるチャンスも多いかもしれません。

神待ちが死語となり、パパ活女子が増えている現在、無料の神待ち掲示板などは業者が利用する場になってきています。実際に女性と出会うためには、神待ちというワードだけではなく、パパ活というワードを使いながら出会い系を探していくことが大切でしょう。

神待ち少女が最も利用しているおすすめの掲示板ランキング

2021年08月04日 更新

神待ち掲示板ランキング1位
ミントC・Jメール
ミントC・Jメール
評価★★★★★★★★
無料特典初回1000円分無料

神待ち利用者数は国内トップクラス!年齢制限もしっかりしているので安心して楽しむ事ができます。初めて神待ちをされる方にお薦めのサイトになっています。

神待ち掲示板ランキング4位
ワクワクメール
         
評価★★★★★★☆☆
無料特典 初回1000円分無料

ワクワクメールは神待ち専用ではありませんが、神待ちは沢山います。神待ち以外にもセフレ目的や人妻の暇つぶし等のエッチ目的な女の子も沢山います。

神待ち掲示板ランキング2位
PCMAX
         
評価★★★★★★★☆
無料特典 初回1000円分無料

利用者数国内トップクラスの出会い系サイト!神待ち利用者も多く簡単に全国の神待ちを見つける事が出来ます。信頼度も激高ですので初めての方にもお薦めです。

神待ち掲示板ランキング4位
ラブ
         
評価★★★★★☆☆☆
無料特典 初回2000円分無料

神待ち少女や家出少女、パパ活女子から割り切り希望専用のサイトだから会えないわけがない!全国随一の募集と即アポ率をお試し下さい。

【2021年最新】神待ちはパパ活に変わってきたへの口コミ

口コミを投稿



他の記事へ